歯磨きは怖くない!笑顔で楽しく歯磨きを

>

子供だから嫌がるのは当たり前?

好きなキャラクターの絵付き歯ブラシは有効

もう既に歯磨きの時間が怖いと思ってしまっているお子さんの場合は、その歯磨きの道具である歯ブラシを可愛く(カッコよく)してあげると意外にすんなりと歯磨きを受け入れる場合があります。
「うわ~、○○の好きな△△ちゃんがいるよ~、一緒に歯磨きできるかな?」という感じで子供の方から手を伸ばしてくるようなキャラクターの歯磨きにしてあげると、最初はだましだましでも、歯磨きをするようになってくると思います。ゴシゴシこするのが嫌なら、まずは歯ブラシをお口に入れられるように促してあげましょう。最初からちゃんと磨けなくても良いのです。まずは、歯を磨くということに対する抵抗感をなくしてあげることが重要なポイントになります。

美味しい歯磨き粉を使って楽しく歯磨き

歯磨き粉は使わないほうが実は隅々までしっかり磨けて綺麗になりますが、子供の場合は何か楽しみがあった方が歯磨きを続けるようになります。
まずはお子さんに歯磨きの習慣をつけることが大切なので、色々な味の歯磨き粉を使ってみるのも一つの手段だと思います。
お子さんが好きな味の歯磨き粉を使ってあげると喜ぶのではないでしょうか。
基本的に子供用の歯磨き粉は甘めに出来ているので何を使っても良いと思いますが、出来れば歯医者さん推奨の歯磨き粉を使ってあげると安心だと思います。
最初はこうやって歯磨きをする習慣をつけるために歯磨き粉を使いますが、ある程度歯磨きに対する抵抗がなくなってきたら、だんだん歯磨き粉の量を減らして、隅々まで綺麗に仕上げ磨きをしていくと良いと思います。


この記事をシェアする